忍者ブログ
羽月あすまが綴るブログ。 ふざけたり真剣だったり、小説書いたり、好き勝手気ままに書いています。 ※たまーに同人的な話題もアリなので、ご存知ない方、苦手な方など間違って来られた方は即刻お戻り下さいませ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/26 あすま]
[12/20 ふくかいちょ]
[12/06 あすま]
[11/29 ゆーきんww]
[11/28 あすま]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
羽月あすま
性別:
女性
趣味:
小説を書くこと、らくがきすること
自己紹介:
・マンガ-浅野いにお 古張乃莉(藍川さとる) 藤原薫 橋本みつる 少年魔法士 悪魔のオロロン トーマの心臓 など

・アニメ-三銃士 今、そこにいる僕 カウボーイビバップ OH!スーパーミルクチャン コードギアス など

・映画-史劇物 フランス映画 など

・小説-長野まゆみ など 

・アート-ミュシャ ラファエロ ビアズリー モネ 吉田良 など

(以上、敬称略)


ヨーロッパ(特に英国)に憧れを感じる。
城塞や甲冑など戦いを感じさせるものを見ると血が騒ぐ。
ロイヤルオタクになるのが夢(世界の王室オタク)。

B/Lは嗜み程度。と言ったら、きっと周囲に怒られるくらいには腐ってます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行ってきた。






ほんと、普通の人でした。真面目そうな。

緊張はしたけど、割とすぐに慣れた。
でも、ということは、好みのタイプではないということだよ、私の場合。

好みじゃないほうがいいんだと思うけどね、私の場合。
趣味悪いんで。

夜に仲人さんから電話が掛かってきて、

「ぜひ今後もお付き合いさせて頂きたい」

ってことだそうです。恐縮です。
その際、「うちじゃ家柄が釣り合わないと思いますが~云々」言ってたそうですが、

ちょw 誰? うちに関する誤ったイメージ植え付けたの!/(^q^)\

わたしなにかよけーなこと言ったかしら・・・ああ、私のこの滲み出る気品ですね、分かります\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

/(^q^)\

私的には様子見ってことでお返事(いやもっとやんわりと伝えましたけど/笑)
とにかくまた次回会うことになりそうです。
一度じゃよくわかりませんからね、お互い。

でもこの方とはまとまらないんじゃないかと思います。

ビビビって来なかったもん(笑)
運命の人にはビビビって来るんだよね?(笑)(笑)

/(^O^)\



そしてまたその内別の見合いをすることになりそうです。

本気になった羽月家ネットワークマジあなどれねぇwww

年頃になればこうなるの、予想はしていたけどね。
ダテにじーちゃん10人兄弟じゃないわー(最低、親戚の分だけツテはある)
だからある意味今まで気ままにやってこられたのかも。

幸せだとも思わないけどね。恋愛結婚の方が幸せに決まっているよ。
かといって悲観もしない。恋愛体質じゃない私には、ある程度割り切ることが必要だと思うので。



感想を聞かれた羽月の第一声。

「女やめてぇ。」

/(^O^)\

かと言って男になりたいわけでもない。
性のない存在になりたかっただけです。
ただの人間で良かった。

障害という程のものではないと思うので、あまり気にしてませんが。
最低限、女を装うことは出来る。でもそれは後天的に学んだもので、先天的なものなのかは疑問。
でもとりあえず日常生活に支障はない。
ただこんなときは、そんな私が顔を出してしまう。
リードされて、優しくされて、助手席のドアを開けてもらえる、そんな度に

「違うのに」

って、心のどこかが言ってる。

後にはどっと疲れと吐き気が。
別に、深刻なことじゃない。子供なだけなんですよ。いつかは大人になれると思います。昔よりは、大分マシなんで。


これが遺伝なのか育った環境によるものなのか分かりませんが、本日帰省した兄と母親の会話\(^O^)/↓

母:「女の子紹介してあげよっか?」
兄:「いらん」

母:「彼女できた?」
兄:「いねぇ」

母:「結婚は?」
兄:「しねぇ」


硬  派  www  \(^O^)/  

母は「いつかカミングアウトされたらどうしよう・・・」ってもらしてました。
カミングアウトてww(母のたくましい妄想力に嫉妬www)

兄がこんなだから、私が結婚せざるを得ない。(墓守的な意味で)


そんなお兄さまに、先日の疑問を投げかけてみた☆

あすま:「風と/木の/詩は、男が読んでも何とも思わないの?」

兄:「文学とは往々にして……うんたらかんたらうんたらかんたら……」

/(^Q^)\

あすま:「よーするに、文学として読んでいるってコトダネ!?☆\(@q@)/」

兄:「……まぁ」(不服そう)


見合いではさほど緊張しなかったくせに、兄にこの質問をするまでに、緊張とためらいから約15分くらい悩んだ私\(^O^)/

ブ ラ コ ン 乙☆\(^q^)/\(^q^)/\(^q^)/

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright Strawing*jam。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Alice Blue / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]